商談実績&成功例

2015年01月16日|商談実績&成功例

株式会社ファースト  新東京セントラル幹事 推川和範


受注会社 : 株式会社ファースト  推川和範

発注会社 : ジョートージャパン株式会社  井上正弘

受注金額 : 1,337,200円(税別)


■商談に至るまでの経緯



井上社長と話をするきっかけになったのは、繁盛会に参加して頂いた時からでした。

 
手書き蛍光ボードの販売に関してお手伝いをしたことがきっかけです。
保証書の保証内容等に関してアドバイスをさせていただきました。
また長野県合同商談会開催時に一緒にブース販売のお手伝いをしました。
 
相手の商材を知ることや販売のお手伝いをすることは、自分の商談を成功させるための
第1歩だと思います。
 
私の業務内容も聞いて頂き複合機、パソコン、電話機等の導入サービス、経費削減の提案、
保守サポートを主体に営業していることを知って頂いて2014年9月に相談を頂きました。




■商談内容


(1)  ムラテック製 複合機の入替え→東芝製 複合機のご提案
 
(2)  レノボ製 ノートパソコンの入替え→パナソニック製 モバイルパソコンのご提案
    共にリースでご使用中ということで、いくつかの質問にご回答を頂きました。
リース会社名及び月額リース料金、リース期間  
②毎月のコピー保守料金
 
以下のことがわかりました。
(1) 複合機は、6年(72ケ月)リースで使用。リース残が約28万円(17ケ月分)
(2) パソコンは、4年(48ケ月)リースで使用。リース残が約5万円(5ケ月分)
 
今回の提案で困ったことは、6年リースで使用していた複合機のリース残金が思ったより多かったことでした。
しかし本社の新潟で使用している複合機は、守成クラブ新潟ふるまち会場の事務局でも使用しているため
カラーコピーの使用枚数が500枚/月以上使っていることがわかりました。




■ご提案の決め手


共に5年(60ケ月)リースに統一する事にする。
 
トータルコストを抑えながら使い勝手の良いものにすることを第一にご提案。
複合機の保守料金を抑えることで、月額の費用を削減する事に成功しました。
 
パソコンは、持ち運びのできるモバイル型で性能、軽量、コンパクトなものをご提案。




■結果


複合機は、毎月のリース金額は5年間(60ケ月)にしたこともあり5,000円/月ほど上がりましたが、
カラーの色彩、スキャナーの速度73枚/分、ファーストコピー(最初の1枚目の複写速度)、
ウォームアップ時間(電源を待機しておいて立ち上げる)の短縮、使用電気量の削減等を実現しました。

最大の効果は、毎月500枚は使用しているカラーコピーの単価の削減が出来たので、
月額のトータルコストが、6,000円削減できました。

 
パソコンでは、性能のアップはもちろんでしたが旧パソコンからのデータ移行、
各種ドライバソフトやウィルスソフトの設定等の入替えのための作業を弊社が責任を持って行い
月額料金の変更なしで導入ができました。

このタイミングに事務所内にある他のパソコンやプリンタなどの調整もさせていただきました。
守成クラブの仲間ではありますが、弊社を使って頂いたメリットをたくさん知って頂けたこと、
経費削減が実現できたことが何よりもうれしかったです。



 
Copyright © 2014 shusei-shintokyo all right reserved.