商談実績&成功例

2015年10月21日|商談実績&成功例

株式会社 ワールドブレインズ 取締役 田中隆弘


ワールドブレインズは山梨県甲府にあります。
守成に参加したのは3年以上前に長野県の飯田会場からです。
山梨には存在しないため、守成の名前は全く知らなかったのですが、
飯田におられたビジネスパートナーの方に誘われて、
何が何だか解らないうちに会員になりました。
しかし、そのすぐ後に、太陽光ブームが到来し、弊社は太陽光を売り歩く業者ではなく、
システムメーカーとして日本全国の代理店に卸し売りのみを実施する
ポジションを選んだため、弊社の代理店の9割が建築会社や工務店様でした。
個人的に設置希望者を開拓して販売することは、
商道徳的にも体制的にも出来ませんでした。
従って、異業種交流会で知り合う方が商売に繋がることはほとんどない状況でしたので、
異業種交流会そのものに興味はございませんでした。
太陽光ブームは恐ろしいもので、私自身、3年間休み無く働き、日本全国駆け巡りました。
月から金は山梨本社で電話と見積と図面と発注書などの書類対応。
土日は全国の工務店周り。沖縄から北海道まで、東北の日本海側と島根、鳥取以外は
ほとんど回りました。
そのうち、完全に守成と言うものを忘れておりました。
しかし、優秀な弊社の総務は会費だけは払い続けてくれたようです。
 
太陽光ブームも落ち着いた去年の11月ころから太陽光業務はスタッフに任せ、
IP電話システム販売に転換いたしました。180度転換です。
今度は法人数の圧倒的に多い東京が活動の舞台になります。
私一人でスタートする事業のためどうやって、営業に回るか考えました。
営業自体は商品を覚えて知識をつけて喋ればいい。
問題はどうやって客先に行き着くのか? どうやって効率よく客を探すのか? 
紹介をいただけるスキームを作ろうと考えたまではよかったのですが、
果て、どうやって紹介者を募るのか ?!
そんな時、守成に行ってみれば、と弊社の会長から勧められ、去年の11月に
このセントラル会場に初めて、守成自体には3年ぶりの2回目の参加をさせて頂きました。
11月、12月と東京中心に20会場ほど参加させて頂きました。
どんどん顔見知りが増えて、いよいよIP電話システムの販売スキームが固まり、
守成で声かけさせていただいて、説明会を2月,3月に3回行いました。
全部で50人以上の守成会員の方にわざわざ足をお運び頂きました。
現在では紹介いただける方が75人になりました。
その中で守成関連の方は55名。ありがたいことです。
最近は紹介販売員の方々と月に一回勉強会を開いたりしながら情報交換させて頂いております。
弊社のMOTフォンの特徴はスマホが子機になって内線として使えること。
特に海外出張の多い方にはもってこいです。
出張中にどれだけ日本の客から掛かってきても、逆にかけても、
全く国際電話代が掛からないのですから。
チラシにも書いておりますが、海外で日本にいるときと同じように
ガンガン仕事して下さい。というフレーズが売りです。
海外出張の多い企業の方、それから移転の予定のある方、おすすめです。
 
私の宣伝はそれぐらいで、
異業種交流会への考え方は人それぞれです。営業に直結させたいのか、
知り合いを増やしたいのか、飲んで騒ぎたいのか。 
ただ、自分の目的に合った考え方で参加をすべきかと思います。
また、目的にあった組織を選ぶべきかと思います。 一番大切なことは、
ゲストでは終わらさずに何度か出席して判断することではないでしょうか。
 
守成の先輩方から教わりました。
自分の利益にしたければ、成果を出したければ、まず自分が人のために動きなさい
ということを。これはなかなか難しいですね。
私のように地方から来ている人間にとってまず、東京に人間関係がもともとございません。
弁護士を紹介してくれといわれても、甲府の弁護士の名刺渡す訳に行かないし、、、
守成で知り合った方を覚えて、違う守成で知り合った方にお伝えするのが関の山。
また、自分が主催する会でここの会員様のチラシを配るぐらいしか出来ません。
 
そこで、どうせなら受付や進行のお手伝いぐらいは可能かなと思い、
幹事をさせて頂いている次第です。
 
最近は落ち着いてきて、守成例会参加はここの霞ヶ関だけになりつつあります。
出来るだけ時間を作ってどんどん他会場にも出席して、
もっと顔を覚えて頂こうと考えております。
お知り合いは一人でも多いほうがいいですからね!!
Copyright © 2014 shusei-shintokyo all right reserved.